シンクのお手入れ

水分を残さない

キッチンシンクは長年使用していると光沢がなくなってきて、お手入れを忘れていると白いモヤモヤした汚れまで発生してきます。白いモヤモヤは水道水に含まれているカルシウム分です。シンクで水仕事が終わったら表面についている水分を残さないように拭き取ることが大切になってきます。
それでも白いもやが出てしまったら、レモンの切れ端やお酢をメラミンスポンジでこすればキレイになります。またクリームクレンザーをつけて軽くこすっても汚れが落ちます。
水栓周りには更にひどい水垢や石灰汚れがあるかと思いますが、その時はクエン酸水をかけてラップで閉じて2時間~3時間放置後、歯ブラシでこすればピカピカになります。研磨剤の高いクレンザーを使うと傷がつくのでクリームクレンザーを使うといいでしょう。
拭き取り

排水口汚れは泡パワーで

シンクの排水口汚れはぬめりがあってなるべく触りたくたいところですよね。そんな時は重曹とお酢(クエン酸水でもいい)を使った楽ちんなやり方でお手入れをしちゃいましょう。
まずは排水トラップと排水カゴを外します。外した部品と排水口の中にまんべんなく重曹をまきます。簡単に元に戻したら、その上からお酢(クエン酸水)をかけます。化学反応で泡が発生するのでそのまま1時間から2時間放置。
これで全て汚れが落ちるわけではなく、細かな汚れはやはり歯ブラシ等でこすらなければいけません。

重曹による発泡は無害なのでこれをこまめにやっておけば毎日のお手入れがとても楽になります。

シンク排水口