窓クリーニング

軽い汚れは新聞紙で

少しぐらいの窓の汚れでしたら、昔から知られている新聞紙を使った拭き掃除。クシャクシャに丸めた新聞紙を少し濡らして窓を拭きます。乾いた新聞紙で仕上げ拭きをすればキレイになります。しかも新聞紙のインクの成分がツヤをだしくれて一石二鳥。
窓お手入れ

ひどい汚れはスクイージーで

汚れがひどい場合はスクイージーを使ったやり方がいいでしょう。
最近は簡易版のスクイージーを100円ショップで買えちゃったりしますので、もしあれば20倍に薄めた食器用洗剤を窓全体に吹き付けて、(これも100均のスプレー)食器用スポンジで円を描くように汚れを落としたらスクイージーで水を切ります。この時スクイージーで切った汚水受け取るウェスを準備するといいでしょう。
 仕上げに乾拭きで残った水分を拭き取ります。
コツは洗剤が強すぎないこと。強すぎると油膜ができてムラができたりしますので15倍から20倍ぐらいで薄めましょう。また吹付けが少なすぎるとスクイージーの跡がつくので水の量は少なすぎず多すぎず。
窓スクイージー

パッキンのカビ汚れ

ガラス枠のパッキンはよくカビが繁殖しやすい所。放っておくと内部まで侵食して落なくなります。
家でできるお手入れ方法としてはパッキン部分にティッシュペーパーを被せてその上から漂白剤を吹き付けます。食器用漂白剤でも大丈夫です。そのまま2~3時間放置します。残ってる場合は2,3回繰り返せば薄くはなると思います。最後に水ぶきをして終了。
窓カビ